日焼けしてもシミにならない方法とは?

こんにちは。

MedelのHiromiです。

 

今回のテーマはシミについて。

女性にとってシミはかなり気になる存在。

お化粧を厚塗りすれば隠すことも出来るけれど

出来るならすっぴん美人になりたい!

 

いつまでも若々しく綺麗な肌を保っていたいですよね。

暑い夏は終わってしまいましたが

紫外線は一年中降り注いでいて

しかも曇りの日の方が紫外線は多いんですよ!!!

なので紫外線対策は一年中やっておくべきです。

 

ですがうっかり日焼けしてしまった!!!

そんな時ありますよね?

そこで今回は日焼けした後にシミを防ぐ方法を

お伝えしていきたいと思います。


日焼け後に行う3つのケア


日焼けをしてしまったのであれば

それはもう仕方がない事。

なので後に行うケアがとても大事になります。

 

①必ず肌を冷やす(アロエジェルがおすすめ)

顔や体が焼けてしまったら、

そこはもう軽い火傷をしまっている状態

なので必ず冷やすようにしましょう。

 

オススメなのがアロエジェル。

アロエジェルには肌を鎮静化させる効果があるので

日焼けした肌にとても良いんですよ♪

アロエジェルは他の化粧品に比べて

そこまで高くなく購入しやすいので

薬局などでぜひ探してみてください。

ケチらずにたっぷり使ってくださいね♪

 

②保湿を入念に

日焼けをしてしまった後は

保湿を入念にしてください!!!

化粧水をいつもよりたっぷり使い

肌に十分水分が染み込むまで入念に行いましょう。

 

肌に十分水分が染み込んだと分かるサインは

手のひらを頬に当てて

ピタッと吸い付くような感触になれば

肌に水分が行き渡っている証拠になります。

 

また美容液を塗った後に

顔パックをしましょう。

パックをする前に美容液を塗る事によって

美容液の浸透が良くなります。

 

日焼けをしてしまった時は

普段の倍以上保湿を心がける事が大切です。

 

③ビタミンCとリコピンを積極的にとる

ビタミンCは女性にとって強い味方。

積極的にとるようにしましょう。

ビタミンCは取りすぎてしまっても大丈夫。

余分にとってしまった分は

尿として外に流れていってしまいます。

 

なので取りすぎる事が無いんですね。

取り方にもコツがあって

一回に吸収できる量は決まってしまってるので

こまめにとる事がコツ。

 

ビタミンCのサプリは手に入りやすいので

サプリで補っても構いません。

朝昼晩にわけて積極的にとるようにしていきましょう。

 

またリコピンを取る事もおすすめします。

リコピンは美白効果が期待されているので

シミを防ぐ上で大活躍。

 

このリコピンが含まれている食材の代表が

「トマト」

トマトはいつでも気軽に食べられる食材。

 

一番食べて欲しいタイミングは朝

朝に食べるのが一番吸収率が良いらしいですよ。

成分表をみてリコピンが多く含まれていたら

トマトジュースでもOK

 

トマトジュースなら朝気軽に

ゴクゴク飲める気がしますね!


最後に


いかがでしたでしょうか?

日焼けは肌の為を思えばしない方が良いですが

してしまったものはしょうがない。

 

後のケアをいつもより入念にして

きちんと対策するようにしましょう。

 

美肌は1日にしてならず。

少しずつの積み重ねが

10年後20年後の肌を変えていきます。

肌の見た目はとても大切ですから

ケアしっかりしていきましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。