ガーターリングって片足に付けるもの?正しい使い方は?

こんにちは。

MedelのHiromiです。

 

ガーターリングって

片足につけてる人がいるけど実際はどうなの?

本当は両方に付けるものなの?

 

そもそもガーターリングって何のためにつけてるの?

今回はそんな疑問にお答えします!


ガーターリングの本当の役割


ガーターリングの元々の役割を知っていますか?

ガーターリングの本当の役割。

それはストッキングがズレ落ちるのを防ぐために

滑り止めとして使うものなんですよ。

 

なので、ガーターリングは

両足に使うのが本当の使い方

 

今は、ストッキング自体に

滑り止めがついてるものも多いので

その場合、ファッション目的で使う人の方が

多いのかもしれません。

 

最近はハロウィンや日本アニメの世界的ブームで

コスプレをする人が増えてきているので、

見かける機会が多いのではないでしょうか?

 

ファッション目的で使う人は、

両足に付けるよりも

片足に付ける人の方が多い気がしますね。


ガーターリングの使用例


コスプレ以外でも

海外ではウェディングに使われてたりします。

ガーターベルトよりもセクシーさが抑えられるため、

カジュアルに使えて太もものアクセントに。

 

海外では新婦が行うブーケトスの新郎バージョン

「ガータートス」と言うものがあるみたいですよ。

これは

新郎が新婦のつけている左足のガーターリングを外し、

未婚の男性に投げると言うもの

 

本場では、このガーターリングを外す時に

口だけを使って外すそう。

 

まず、

①新婦が椅子に座わる

②新郎が新婦の左足をあげる

③ドレススカートの中に顔を突っ込んでモゾモゾと・・・

④ガーターリング を外す

 

なんて過激的な光景!!笑

 

その後、新郎が未婚男性に向かって

ガーターリング を後ろ向きで投げます。

ガーターリングをGETした男性は次結婚できるとか。

 

日本ではあまり馴染みがないので、

二次会などの気心知れた仲間内でやると

盛り上がるかも知れないですね。

 

残った右足のガーターリングは、

二人の間に新しい命が誕生した時

ヘアーバンドとして使うと幸せになれるとか。

 

海外の結婚式では大盛り上がりのイベントみたいなので、

本場で見てみたいですね。